車両管理の最新技術|WEB会議で効率を図る|現代技術が織りなす技

WEB会議で効率を図る|現代技術が織りなす技

車両管理の最新技術

パソコン

リアルタイムで状況を把握

運送業や旅客自動車業などにおいては情報通信技術を利用した車両管理システムが今や不可欠とされていますが、そうしたシステムは一般企業においても導入が進んでいます。最新テクノロジーを駆使したこのような管理システムを、一般にテレマティクスといいます。テレマティクスは船舶などの運行管理に利用されることもありますが、多くは企業における営業車の管理業務をサポートするためのシステムとして普及しています。通信機能を備えたカーナビと管理本部とを無線で接続し、さまざまな情報のやり取りをリアルタイムで行います。カーナビの代わりにスマートフォンやタブレットPCなどの携帯情報端末を使用することもあります。通信のみでなく、走行データの収録も行うことができます。

安全教育や燃費の向上にも

テレマティクスの導入は、車両管理業務の大幅な省力化に役立ちます。まず、道路事情や訪問先の都合等に関する最新情報を随時送信することで、外回り業務の効率化を実現することができます。また、走行速度やブレーキの使用状況などをリアルタイムで把握することができるため、電子メールによってただちにドライバーに対して運転マナーについての注意を喚起することも可能です。安全管理の徹底に資するだけでなく、燃料費の節約にもつながるシステムだとして人気を集めています。さらに、テレマティクスによって収録されたデータは、営業日報や配車計画表の作成にも役立てることができます。口頭での報告や手作業による書類作成といった手間をなくし、業務の簡略化を図ることが可能になります。